サハイナンを耕す【パーマカルチャー@タイ5】

スポンサーリンク

2018年11月

畑を耕す
耕運機もあるが、たいていはクワで耕す。
玉ねぎを植える
玉ねぎを植えたり、ピーナッツを植えたり。
いたずらな鶏
植えたそばからいたずらしにくる鶏。人が作業した後が気になって仕方ないらしい。土をほじくり返すのに夢中だ。せっかく植えたのに・・・。このままやられっぱなしではすまない。
藁を敷いた畑
鶏除けもかねて藁を敷く。敷いた後は水やり。
藁を敷いた畑
奥の棒の先には穴の開いたペットボトルがついていて、簡易スプリンクラーになっている。水やりの手間が省ける。
サンヘンプの種
耕作放棄されていた土地や、疲れた土地、しばらく使う予定のない土地にはサンヘンプ の種を蒔く。緑肥になる。
水平を測る
スウェルを掘る準備。水平を測る。スウェルとは直訳するとうねりのことだが、パーマカルチャーでは水をコントロールするための溝状の物をそう呼んでいる。
スウェル
スウェル。この周辺には水を好む植物を植えることができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/thailand/thailand-5/trackback/