サハイナンで食べる【パーマカルチャー@タイ10】

スポンサーリンク

2018年11月

一部虫の画像があります。苦手な方はご注意ください。

サハイナンのキッチンの燃料はすべて木。特別に薪を作ることはせず、森から枯れ木を運んできて使う。
調理の際はいかに火力を無駄にせず、少ない木で料理を完成させるか、手順を考えることが重要になる。
灰は肥料やせっけんにする。
かまどは土製。パンケーキもピザも焼ける。

火元の上に食器用の棚がある。調理時に出る煙で殺菌殺虫をダブルでおこなえる、という仕組み。
無駄ゼロ。食器類が煙たくなるのが欠点だけど、昔からの知恵が凝縮されたエコロジー最先端のシステムだ。

サハイナンのキッチン
サハイナンのキッチン



調理に使用する以外の食器はだいたい自家製。
お椀はココナッツ。スプーン、フォークは木で作る。
手で食べることも多い。

最初は米がぼろぼろこぼれるので、手を使ってきれいに食べるのに苦労したが、タイの人たちの食べ方を観察しながら繰り返すうちに、できるようになった。

右手の人差し指、中指、薬指をくっつけて米を掬ったあと、スプーンみたいに指を口の中に入れるのではなく、唇に添えるだけにして、親指で押し出すようにすればいい。

現地の人と同じ食べ方で、同じようにきれいに食べられると、ぐっと距離が縮まる。

食事風景



基本的には自給自足の生活。
農場内のエディブルフォレスト(食べられる森)にはいろいろな食材がある。
必要になった時に必要なだけ採ってきて、自分で食べない分は、他の動物の餌になったり、土に還ったり、循環していく。

バナナの収穫
バナナの収穫
鶏を絞める
鶏を絞める。
サハイナンの食事。ほぼ0円。豊かだなぁ。



サハイナンで一番おいしかったのはバンブーライスだ。

薄皮のある品種の竹に、もち米、砂糖と塩を加えたココナツミルクを入れ、バナナの葉で蓋をして蒸し焼きにする。最初はココナッツミルクがこぼれてこないように斜めにして焼き始める。下の方から口に向かって順に焼いていき、水分がなくなったら完成。
ほんのり甘くて、ほんとにおいしい。

バンブーライス



地元のマーケットはふらふら歩いているだけでも楽しい。

幼虫。
買おうかと思ったら農園の人に拒否された。
バッタみたいなのとかコオロギみたいなのとか
カエル。味はたんぱくで弾力がある。水気が少なくぱさぱさしていて、そんなにおいしくはなかった。
マーケットで買った食材いろいろ。
上の4枚とは別のマーケット。
南国果実が並ぶ。
豚の皮をあげたもの。そのまま食べたり、おかずと一緒にたべたりする。
10バーツ(=35円くらい)。やすい!
どこに行っても大人気の寿司。
ラペソー(お茶の漬物)。塩か砂糖を巻いて食べる。眠気覚ましのガム代わりに重宝されているのも納得のパンチの強さ。葉っぱ自体が酸っぱくて苦い上に、しょっぱさか甘さを足すので、なんとも言えない味になる。塩の方がまだ食べやすかった。地元の人は大好きで、シェアしたら喜んでくれた。



みんなが集まるときは食べ物を持ち寄る。

持ち寄りご飯。味付けは酸っぱいものか、辛いものが多い。米が主食なのは日本と同じ。
バナナにも種類がある。こんなかわいらしいバナナも。



サハイナンにはボランティアとして各国の人が訪れるので、それぞれ料理を作り合ったりもした。

フランス人がキッチンに立つと、だいたいピザを作ってくれる。おいしい。
日本人がいるとだいたい寿司になる。
食材は現地調達、何でもあり。今回はドラゴンフルーツとマンゴー、クアバ、アボカド、にんじん、よくわからん瓜、マスタードの葉などなど。
ピーナッツソースをのせて、
巻く。
フルーツたっぷりのおよそ寿司とは思えない具材だが、これがなんとおいしかった。結局、海苔と酢飯があれば寿司になる。
白玉団子のリクエストが入ったので作った。あんこを作りすぎて、3日間毎日食べるはめになった。
収穫してきたイチジク
無事パンケーキになった。
天ぷら



スーパーマーケットにも寄ってみた。

スーパーのお菓子コーナー。一缶まるまる同じ味。これ、一年分とかのサイズじゃないか?
どれを買ってもしばらく同じ味が続く。もはや主食の売り方。
お店で買ったヌードル。醤油ベースに鶏肉のだしが効いている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/thailand/thailand-10/trackback/