【ファームステイ@台湾94】台湾出国

スポンサーリンク

2018年4月28,29,30日

もう5月だ。お茶を作りに日本へ一時帰国する。

帰国前に興味があった100元(400円)散髪へ行ってみた。まさに切るだけ。10分で終了。画像見せて、こんな感じといっても、まったく伝わらなかった。
腕を水平にして、はさみを構え、カニ歩きでじわじわ移動しながら、プロなのかと心配になる手つきで、日本人形みたいに横と後ろをまっすぐ切り揃えてくれた。・・・日本に帰ったら切りなおそう。

続けて茶器が多く販売されているという蛍歌老街へ。
急須、茶杯、盆など、数も種類も豊富にそろっている。街を歩いているだけでも楽しかった。日本で購入するより安い。

急須
急須
お茶も売っている
お茶も売っている
駅にも急須
駅にも急須

最後に数々の至宝が収蔵されている世界屈指の博物館、故宮博物館へ行った。撮影も可。

受付に行くと、肉と白菜がメインだという。冗談か、聞き間違いかと思ったら、鍋の材料でも何でもなく、本当に宝物だった。

白菜形の石
清廉潔白の白菜と子孫繁栄、多産のキリギリスらしい。・・・矛盾してない?
肉形石
肉形石

玉でできた、白菜とお肉。私は食べられる方がいいなぁ。

親子孫、三代かかって作られたという球

親子孫、三代かかって作られたという精密技巧の球。言葉もない。すごい。
他にもかなりの数の宝物が展示されている。

これにて、半年間の台湾滞在は終了。

人から人へ、人脈に乗って旅をした。親切にしてもらったり、逆に私が手助けしたり。過去の日本人のおかげで優しくしてもらった場面もあった。
”人に迷惑をかけてはいけません!”と思いながら生きてきたけど、迷惑かけたらいい。持ちつ持たれつだと台湾の人たちは言ってくれ、行動で示してくれた。人の情って過去から引き継がれることも、人から人へ渡ることもあって、そう簡単に途切れるものではないんだと、比較的ドライな人間関係を好んできた私は初めて思った。
当初の目的であった、お茶の作り方も、きっちり学べた。
台湾にはまたいつでも来ればいい。距離が近いことの特権だ。

次は英語の勉強をしにフィリピンへ。世界遺産の棚田も見たい。旅はつづく。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-94/trackback/