【ファームステイ@台湾91】バスに忘れ物をした話

スポンサーリンク

4月16日 台中(タイジョン)


15日夜。
バスに忘れ物をする大失態。
埔里(プーリー)のみんなにもらった手紙と上着を忘れてくる。上着はいいにしても、手紙忘れるって、なんってバカなんだ!
バス会社はそのあたりにいっぱいあるけれど、自分が乗ったバスの会社名なんて覚えていない。黄色と緑のバスなんだけど・・・。
手当たり次第にバス会社に入って、忘れ物をした旨と、埔里(プーリー)から台中(タイジョン)まで来た時間を伝え、手紙がないか確認してもらう。すみません~。

2時間ほど経った時、青い上着の忘れ物は見つかって、埔里の忘れ物センターに届けられたという情報が入った。手紙は見なかったとのこと。手紙が!大切なんだ!今私が持っている、バックパック一つ分の荷物の中で、一番大切なのに、パスポートより大切なのに(パスポートなんて大使館で怒られながらでも再発行すれば済むことだ。悪用は怖いけど。)、なんで忘れてくるんだっ、なんで見つからないんだっ。

そのバスが2時間ほどしたら、また台中に戻ってくるというので、さらに待つこと2時間。バスが来たとたん、車内に飛び込む。一番前の、左側!・・・あったぁぁぁ!あった、あった!

犬の表紙の手紙

バス会社の人にお礼を言いに行く。重要書類だと思っていたみたいで、ちょっと拍子抜けして、次は気をつけなさいよ、と苦笑していた。ほんとにもうこれっきりにしたい。人生で一回経験すれば十分だ。
ともあれ、無事に戻ってきてよかった。上着は取りにいかないといけないけれど。


午後6時から10時まで台中にいて、やっと台南へ向かうバスに乗る。今度の受け入れ先の人にバス停まで迎えに来てもらう。到着も予定よりずいぶん遅くなったし、あっちこっちに迷惑をかけた一日だった。
ま、よくはないけどそういう日もあるさ。ごめんなさい!寝てしまおう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-91/trackback/