【ファームステイ@台湾87】南投博物館めぐり(主に竹芸博物館 )

スポンサーリンク

4月12日 南投(ナントウ)

ビザの更新が3時にやっと終わったので、そこから南投の博物館めぐり。

南投県竹芸博物館



竹製品を扱った、ビルの中にあるこじんまりした博物館。観光スポットではないので、数人いるものの、ほぼ貸し切り状態で、美しい竹製品の数々を鑑賞できる。
今、日本の田舎では竹藪は邪魔者扱いされることも少なくないけれど、やっぱり竹っていいなぁ。芸術品から、日常の小物、椅子や天蓋付きの寝床、楽器やおもちゃにまで姿を変えて展示されていた。昔は嫁入り道具も竹製だったみたいで、古いかごも展示されていた。年月を経て色が変わっているのも風情がある。展示物すべてが美しかった。

南投県立文化中心
博物館は、この建物の中
竹のオブジェ、水差しなど
竹のオブジェ、水差しなど
竹のオブジェ。右の龍がかっこいい。
竹のオブジェ。右の龍がかっこいい。
竹の道具
竹の道具
竹家具
竹家具
天蓋付きの寝床
天蓋付きの寝床。
竹ボール
竹ボール
竹かご?
竹の・・・なんだこれ?
嫁入り道具
嫁入り道具
時計
時計
竹の木琴
竹の木琴
竹のピタゴラスイッチ
竹のピタゴラスイッチ

藍田書院

南投県が指定する県の古跡の一つ。通り掛かったのでのぞいてみたら、壁の彫刻がきれいだった。

南投県文化園区

こちらもふらっと立ち寄ったのだけれど、民族や、歴史、台湾の陶芸についてのコアな説明がされていた。
顔に刺青をいれる民族が、どういう道具、方法で刺青を入れるのかとか、南投の原住民の細かい分布図とか、地域別の焼き物の種類とか。パネルの数が多くてとても読み切れなかったけれど、図を見ているだけでも面白かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-87/trackback/