【ファームステイ@台湾79】原住民の村 命をいただく罠猟と儀式

スポンサーリンク

2018年4月7日  台東(タイドン)

*原住民の呼称について
日本では”原住民”という呼称に差別的要素が含まれるとして、”先住民”と表記する場合も多いが、このブログでは、中国語で”先住民”という言葉に「すでにいなくなってしまった民族」という意味が含まれること、”原住民”という呼称は、当の原住民の方たちが、長い年月を経て獲得し、誇りをもって使っていると台湾人から聞いたことを踏まえて、”原住民”で統一する。

台東二日目。

今日は原住民のショーを見に行く。この場所は新武部落(日本統治時代シンブロと書かれた)といい、 布農族(ぶぬんぞく) の集落だったらしい。

まずは昨日の夜に仕留めた鹿を運んでくるところからショーが始まる。

昨日仕留められた鹿
昨日仕留められた鹿
鹿のお面(本物)
鹿のお面(本物)
入場


族長らしき人が一人一人と酒を酌み交わし、火を囲んで、鹿肉にかぶりつく。



次は歌と踊りのパフォーマンス。

布農族は独自の言語を持っている。今回披露された歌も、彼らに伝わる伝統的な歌。明るい昭和歌謡や、童謡みたいな、温かみのある歌だった。

民族の歌を披露
民族の歌を披露

今回披露された歌ではないけど、下の不気味なジャケット写真からアマゾンで試聴できる。

男性の踊りは力強い
男性の踊りは力強い
子供たちは歌とウクレレのような楽器の演奏を披露してくれた
子供たちは歌とウクレレのような楽器の演奏を披露してくれた



最後は罠猟の体験と原住民の方々との交流。



二種類の罠の仕組みや仕掛け方を丁寧に教えてくれた。

彼らが罠に使うものは木、石、紐のみ。

一つ目は、漫画とかで見たことのある、ウサギが乗ったら木の枝が跳ね上がって、縄が締まり、ウサギが宙ぶらりんになるやつ。初めて実物を見た。

跳ね上げ式の罠
跳ね上げ式の罠



もう一つは石を使った仕掛けで、この石の下をネズミが通ると石が倒れ、ぺちゃんこになるというもの。

動物との関係も真剣勝負だよなぁ。

罠の仕掛け方を聞いている時の子供たちの目がすごく真剣だった。

真剣に解説を聞く子供たち
真剣に解説を聞く子供たち
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-79/trackback/