【ファームステイ@台湾75】花蓮、大理石と河の絶景・太魯閣

スポンサーリンク

2018年4月2日  花蓮(ホァリェン)

太魯閣(日本語でたろこ、中国語でタイルゥグ) 渓谷は台湾の国立公園に指定されている、人気の観光地だ。

大理石の岩盤が侵食されて生み出された大渓谷。立ちはだかる大理石、青からエメラルドグリーンに色を変える透き通った水、さらには岩に刻まれた模様と、川の流れの壮大なリフレイン。

魚もいた!




人間って小さいなぁ。



そのくせ、岩を掘り進んで、橋を架け、家を建て・・・すごい力だ。



その人間の「力」を、きれいだと思うこともあるし、技術的にすごい、とも思うことも多々あるけれど、無粋だとも思う。
人が手を出してはいけないところには、やっぱり手を出したらダメだろう、とか。そんなこと言えた義理か、風景がきれいだって聞いて、自分も電車と車でここまで来たくせに、とか・・・。何とも、複雑な気分だ。

半分人工物、半分自然
大渓谷の隣は舗装された広い道路。

どうしたら、全部が調和したような、ちょうどいいバランスで生きていけるのか、まだわからないけれど、ゆっくり見つけていけたらいいと思う。焦ることはないよね。
悠久の自然が風景を少しずつ変えた。私もその自然の一部なんだし。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-75/trackback/