【ファームステイ@台湾7】 盈盈農圃4日目 ほだ木の整理と茶畑

スポンサーリンク

2017年12月21日 盈盈(ying ying)農圃4日目

朝起きたら鴨が増えていた。ピーピー鳴きながら歩きまわっているのがなんとも愛らしい。段差から落ちたときは鳴き声が”ビ”になる。でもめげない。何か月か後には出荷されていくらしい。

子鴨と見守る母

おじさんと仕事。今日の仕事はなかなかハードだった。
使い終わったほだ木(きのこのもとになる木)を2トントラックに積んでひたすら移動させる。トラックいっぱい、計6回くらいは運んだ。こういう片付け作業は人手があったほうがいいし、私みたいなボランティアが来たらやるって感じかな。今日は疲れた!

カットして乾燥させたほだ木。ここから↓
屋内に移動。


仕事が終わってから茶畑を見せてもらった。おじさん強面だけど、質問には丁寧に答えてくれるし、笑顔がかわいい。よく2トントラックで通れるな!って感心するような山道を安全運転で山の見晴らしのいいところまで載せて行ってくれた。

茶畑!防霜ファンのかわりにスプリンクラーが生えている。
手摘みで芽数が少ないからか、芯が太い。
茶の花
野菜の後ろにそびえるバナナ。さすが台湾!


まだ手摘みをしている地域だからか、気候そのものが違うからか、日本の茶畑とはどことなく異なる風景だ。12月の今がまさにタケノコの食べごろで、桜は1月に咲くらしい。この辺りでは赤とピンクが咲くんだと教えてくれた。きれいだろうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-7/trackback/