【ファームステイ@台湾59】南投、名間の有機ドラゴンフルーツ農家にお世話になります

スポンサーリンク

2018年3月6,7,8,9日  老荘有機農場(ラオジュアン ヨゥジィ ノンチャン)

15時30分発のバスに乗り、南投 名間へ。

かなり働くみたいだけど、人の好さそうな農家さんでよかった。

フランス人の女性Lちゃんが先客。笑い声がかなり特徴的な、すごく明るくて、よくしゃべる人だ。楽しくなりそう。


今回の農家さんは果物農家。

ドラゴンフルーツ、パイナップル、バナナと野菜を有機栽培している。

ドラゴンフルーツ
パイナップル



一日目、二日目、三日目

は、朝から日が暮れるまで草むしり。聞いていた通り、めっちゃ働いた。


この草も、あの草も、全部鎌一丁でむしっていく。
草刈り機があればなぁ・・・。文明の利器が恋しい。

ないものは仕方ないので、三日かかったけど、なんとか刈り終わった。さすがに疲れたぁ。

明日は土曜日で休み、と行きたいところだけど、台北の市場に出店するため、平日より早起きだ。

ただ働きなのに、会社にいた頃より働いてるぞ。その割にいやな気分になったりしないのは、自分で決めたことだからかな。それともちょっとは成長したのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-59/trackback/