【ファームステイ@台湾48】青い空、青い湖!台湾屈指の観光名所、日月潭

スポンサーリンク

2018年2月14,15日 藍城好生活 (lan cheng hao sheng huo)20日目

台湾最大の湖、日月潭(ri yue tan)!



水が澄んでいて、岸を散歩するのが気持ちいい。遊歩道も整備されている。散歩するもよし、サイクリングするもよし。一周37kmで、自転車なら3、4時間あれば一周できるらしい。





船で湖を一周。乗船券として、手の甲にスタンプを押してもらう。



湖を堪能して、小腹がすいたら、おやつタイム!



友達いわく、 日月潭 といえば、「茶葉蛋」らしい。
超おすすめ!とのこと。これは、食べねば。



見た目はただの煮卵。
ところが、香りが違う!スパイス、特に八角とクローブの香りが強く、紅茶がほのかに香る。味は中までぎゅっとしみていて、しいたけの出汁が深みを・・・と我に返るとちょっと恥ずかしい食レポしてみたけど、一言でいうとおいしかった。




他にも屋台がたくさんあって、選び放題。



野外ライブも随所で開催中だった。有名な人が来ているらしい。友達は何枚かCDを買っていた。



こういうパフォーマンスも。
友達に背中を押され、ついでに小銭も握らされ、握手しに行く謎の事態に。断り切れなかった・・・。私の扱いがどう考えても対子供。しかも本物の小学生のあと。
友よ、撃沈だ。



気を取り直して・・・。
ここ日月潭は紅茶の産地!



どこのカフェでもご当地紅茶が飲める。


さらに紅茶を探して山登り。



紅茶の研究施設がある。中の見学はできなかったけど。



日月潭紅茶の生みの親はなんと日本人。新井耕吉郎氏は地理的条件、土壌、気候などをみて、この地をアッサム種の紅茶の生産地として選んだらしい。



紅茶試験場までの道のり。
ベンチもお茶。



大きいわらび!と思ったら、食べられるらしい。猫が飛び越えるから「過猫」っというんだよ、と教えてくれたけど・・・いや、無理でしょ!



ビューポイント。



日月潭の周辺には神社もいくつかある。

縁結びの神様、月下老人のところへ連れてきてもらった。



例のごとく、性別、名前、住所、生年月日を神様に告げ、説明に沿って、一連の動作を行う。
赤い糸をいただきました。



無事に良縁に恵まれ、結婚した暁には、この赤い糸をお返しし、報告する決まりらしい。果たして、そんな日は訪れるのか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-48/trackback/