【ファームステイ@台湾44】台湾だって冬は寒い!囲炉裏を囲んで田舎料理

スポンサーリンク

2018年2月5日  藍城好生活(lan cheng hao sheng huo) 11日目

日月潭にある溫暖之宿(wen nuan zhi su)へ。



みんなで囲炉裏を囲む。寒くってもう、誰も囲炉裏から離れられない。

私がお茶が好きだという話から、自家製のお茶を淹れてくれた。こういうところで、パッとお茶が出てくるあたり、さすが台湾だ。素晴らしいお茶文化!お茶を入れる手つきも、いかにも慣れている、という感じだった。



お昼ご飯。野菜中心でおいしい!

台湾の料理は全体的に薄味だ。

のどが乾かないからか、食事中に水もお茶も飲まない。台湾最初のカルチャーショックだった。
薄味のスープがつくことはあって、飲み物替わりにならないこともない。

そんな薄味だから、日本に帰った時に、好きだったラーメンの味が濃すぎて、食べられなかった。味覚って生活で変わるものだ・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-44/trackback/