【ファームステイ@台湾43】真っ赤な紙に願いを込めて。台湾の新年準備

スポンサーリンク

2018年2月4日  藍城好生活(lan cheng hao sheng huo)

新年の準備。

台湾では毎年、旧正月に玄関扉の左右と上の赤い紙を張り替える。その年一年の願いなど、縁起のいい言葉を飾るらしい。

町に書道家が来てくれて、お気に入りの人にお願いして書いてもらう。



書いてもらう言葉は自由。自分で考えてもいいし、見本から選んでもいい。

左右で対の詩になるようにするのがいいらしい。



今年は戌年ということで、こんなのも。


かわいい!と、大人気だった。







後日、新年に紙を張り替えた様子。他国の行事だけど、心は通じるのか、身が引き締まる。
戌の絵も網戸の内側の扉に貼って、抜かりなし!
頑張ったけど、まっすぐ張るのが難しかったぁ。台湾の人と二人がかりで四苦八苦だった。

ご近所のセミプロの皆さんは、各々道具を自作しているらしい。窓掃除のワイパーを利用したり、デッキブラシを改造したり。
さすがです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-43/trackback/