【ファームステイ@台湾4】 盈盈農圃1日目 キノコの栽培研究施設見学

スポンサーリンク

2017年12月18日 盈盈 (ying ying )農圃1日目。

ここはWWOOFのリストに載っていたお茶農家、全7件にメールを出して、唯一まともに返信が返ってきた農園だ。

12月で、シーズンではないけれど、お茶の話を聞けるか、あわよくば冬茶を生産するところに立ち会えればいいなと思いやってきた。
周りは朝霧に覆われた茶園。湿気の多いひんやりした空気に、力強い緑の風景が広がる。 標高は 1300mほどあるらしい。しいたけ、猴頭菇(hou tou gu)の栽培にも力を入れている。

家を出れば緑が広がる。朝は霧に覆われて真っ白。
やんちゃな犬と鳥小屋。鶏と鴨がいるのが台湾らしい。

今日はキノコの栽培研究施設の見学に行くとのことで、一緒に連れて行ってもらった。

キノコの施設
猴頭菇。見た目通り柔らかい。いい香りがする。確かに名前の通りサルの頭に見えなくもない。

ヒノキは台湾でもヒノキと呼んでいるらしい。

見学の後、みんなで話す場が設けられていて、私が日本人だとわかると

「昔日本で使われるヒノキの大半は台湾産だったんだぞ!台湾のヒノキは質がいいんだ!」

と何人も口をそろえて自慢げに語ってくれた。

質がいいことの証明みたいに日本に輸出していたことを語ってくれる。

そんなに輸出したってことなら、いい木(古い木)がかなり伐採されてたりするんじゃないかと思うんだけど、悪い話は聞かない。私が日本人だから避けてくれているのか、日本人が上手にやったのか、あとから来た中国の方がヒノキに関してもひどかったのか・・・。
語学力不足で半分わからなかったけれど、 技術面でも日本ではああしてる、こうしてるという議論が飛び交っていて、いいものを取り入れようとする情熱の強さ、素直さを感じた。



日本を好きでいてくれるんだなぁと思う場面が台湾に来てからたくさんある。台湾人ほんと褒めるの上手。わたしも日本好きになりそう。ご先祖様ありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-4/trackback/
  • スポンサーリンク

  • ココロ

    お茶が好きすぎて、ついに茶農家になってしまいました。

     

    サイトの詳細は下記から↓

    サイトについて

  • Category

  • Archive

  • Latest Posts