【ファームステイ@台湾35】地元民おすすめ!埔里の見どころ→鯉魚潭

スポンサーリンク

2018年1月21日

かなりのんびりさせてもらっている。ほぼ働いてないのに、ご飯と宿をもらっている。今までの二軒はかなり働いてたから、久しぶりに休日をもらってる気分だ。でもそれは私の勝手な都合なので、ちょっと申し訳ない。

ここ埔里(pu li)は台湾最大の湖にして、観光名所、日月潭にほど近い街だ。

今回はその有名な日月潭(ri yue tan)、ではなくて、 鯉魚潭(li yu tan) へ。
キュウリ農家の娘さん(お姉さん)と、小学校低学年の二人姉妹、姉妹のお母さん、私で出かけた。

日月潭(ri yue tan)と 鯉魚潭(li yu tan)って、場所も近いけど、発音も似ている。ややこしい。

これから先1ケ月くらい、ここが日月潭だと思いこんでいた。

鯉魚潭は、観光客向けのお店が少しあるだけで、あとは散歩コース。静かな場所だ。
餌に食らいつく鯉を除いて。

漢字がかっこいい。



でっかい豆。布で擦って、肌にあてると静電気が発生する。

おじさんが、まず、私とお姉さんに静電気体験をさせてくれる。バチっと痛い。冬場の静電気と一緒だ。

それから二人姉妹。

おじさんが布で擦った豆を手の甲にあてる。しばらくポカンとした顔の妹。ノーリアクションのまま、一、二、三、四、、、

「あれ、静電気起きなかった?」

と聞いたところで、スローモーションみたいにゆっくり顔が歪んで、泣き出してしまった。

やっぱり痛かったみたい・・・。

わんわん泣いて、お母さんにしがみつく。

これはしばらく泣き止まないな、と思ったけれど、見かねた店長のおじさんが、

「どれでも好きな実を一つ、ストラップにしてプレゼントしてあげるよ。選んで。」

と言ったとたん、ぴたっと涙が止まった。

いい女優だなぁ(笑)

乳歯の抜けた笑顔がかわいいからよし!


二人とも、ちゃっかり、しっかり選んで、最後は笑顔でおじさんに手を振っていた。
一件落着!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-35/trackback/