【ファームステイ@台湾26】お茶のロマンが詰まった詩、茶歌

スポンサーリンク

星源茶園に、茶歌が額入りで飾られていたので紹介したいと思います。

茶歌は、盧仝(ろどう)という 唐代末期の詩人が書いた詩で、岡倉天心の「茶の本」に出てきたのが、私がこの詩を知ったきっかけです。 七椀茶詩ともいうようです。

一椀喉吻(こうふん)潤い

二椀孤悶(こもん)を破る

三椀枯腸をさぐる

惟う(おもう)文字五千巻有り

四椀軽汗を発す

平生不平の事 ことごとく毛孔に向かって散ず

五椀肌骨(きこつ)清し

六椀仙霊に通ず

七椀吃し(きっし)得ざるに 

也(また)ただ覚ゆ

両腋(りょうえき)習々清風生ずるを

(写真の詩はここまで)

蓬莱山はいずくにかある

玉川子(ぎょくせんし)この清風に乗じて帰りなんと欲す



以上 茶の本 岡倉覚三 著  村岡博 訳  からの引用でした。

仙霊に通ずるとか、清風が両脇からそよそよ生じるとか、お茶のロマンを凝縮したような詩だなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/taiwan/taiwan-26/trackback/