次の挑戦へ【帰国】

スポンサーリンク

2019年4月30日

いよいよ旅の終わり。日本に帰る。

バルセロナ国際空港
バルセロナ国際空港

いろんな人と出会い、いろんな風景を見て、いろんな経験を経、いろんなことを感じ、考えた。

旅をすると世界が広がる、という。私は、世界の深度が増すんだと思う。人と話したり、歩き回ったりすることで、今までうわべを撫でていた世界が、質感のあるものに変わる。

そして、それは、日常生活でも同じかもしれない。見過ごしていればただ過ぎていく日々を、注意深く知ろうとすれば、どんどん世界が深くなっていく、と日々、あちこちの農場で働きながら思った。

いつか世界を旅すると決めてから通算8年。まだまだ行きたいところ、知りたいことがたくさんあるけど、今回の旅はこれにて終了。帰国後は10年間追いかけ続けてきた「お茶」を作る農家になる予定だ。

旅に出る前は

「女の子一人で大丈夫!?」

とさんざん心配されたけど、なんてことはない、世界は予想の100倍優しかった。困った時も誰かが助けてくれた。相当辺鄙なところにも行ったけれど、野宿するしかすべがないわけでも、全く電気がない真っ暗闇になるでもない。

旅に出ようと思えば、チケットを取って空港に行きさえすれば、あっという間に海外だ。誰でも海外旅行ができる。
便利な世の中だよね、とフランスの人と話していたら、飛行機を一回利用すると排出されるCO2の量についての話になって、「今年は一回海外に行ったから、また来年。」と言っていた。世界の様子も考え方も、どんどん変わっていくんだなぁと思う。そうして、一昔前は本当に危険だったであろう女性一人旅がそんなに難しくもなくなったように、いい方向へ進んでいけばいい。

私は、世界を回って得たいろいろなやり方、見方のいい所を集めて、優しい農場を作っていきたい。

製茶風景
2019年の国産ウーロン茶、製茶風景
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/spain/spain-2/trackback/