サガダで本格ケービング!【フィリピン語学学校9】

スポンサーリンク

2018年9月2日

サガダに移動。

ジムニーでスペインから旅行できている24歳の女性に会った。行き先が一緒なので、一緒に行くことに。ついでに一緒の部屋に泊まる。二人の方が安いしね。

宿をとったあと、お昼を一緒に食べて、私は洞窟探検へ。本格的なコースはガイド料が1000ペソ(約2000円)。インフォメーションセンターで申し込む。シーズンオフなため、他に旅行者がおらず一人で行くことに。 この機会を逃したら、もう二度と来ることもないだろうから行かないって選択肢はない。
ホントは誰かとシェアしたかったんだけどなぁ・・・(ショボン)。スペインの子にも、私はそんなハードな冒険には興味ないわって振られてしまった。
まぁ、だいたいいつも一人だしな、うん。

さて、ケービング。ほんとに探検だ。道は整備されてないし、明かりもガイドさんが持ってるランタンだけ。わくわくする。
日本だと間違いなく”長袖長ズボンに歩きやすい靴でご参加ください”とあるだろうが、”短パン、ビーサンできてね!”と普段でもしないようなラフな格好を推奨される。さすがフィリピン。

岩は滑るし、道は分岐してるし、洞窟は縦にも横にも深いし、ガイドさんがいなかったら遭難待ったなし。確実に死ぬ。

洞窟への入り口
洞窟への入り口
入り口に積まれた棺桶
入り口に積まれた棺桶
どう見ても人骨・・・
どう見ても人骨・・・
人一人しか通れないような道?を進む。明かりはガイドさんのランタンのみ。
洞窟の先は暗闇が続く。
洞窟の先は暗闇が続く。
岩にかけられたロープ
道なき道をビーサンで進む
奇岩
ミニチュア棚田みたいな岩
ガイドさんの下ネタがとまらない。
撮影スポット

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/philippin/philippines-9/trackback/