なんで妊婦さんは緑茶を飲んじゃダメ??【飲める量も合わせて解説します】

スポンサーリンク

妊娠中、カフェインを取りすぎてはいけないよ、というのは妊婦さんなら一度は耳にしたことがあると思います。

緑茶、紅茶などのお茶類、コーヒー、エナジードリンク、チョコレートまで…いろんなものにカフェインってはいってますよね。

でも、そもそもなんでカフェインを取ってはいけないの?

緑茶って身体にいいはずでは?

本当に少しも飲んじゃだめなの?

この記事では緑茶をメインにそんな疑問に答えていきたいと思います!

妊婦

私も緑茶、紅茶、中国茶など…お茶が好きすぎて茶農家になったことがあるほどのお茶好き。

自分が妊娠したときも、妊娠中は、お茶は飲んじゃだめ!と聞いてしょんぼりでした。

妊娠中でも楽しめるお茶も、記事の最後で合わせてご紹介します。

妊娠中のカフェイン摂取は危険?!

妊娠中のカフェイン摂取はなぜ危険なの??

カフェインには覚醒作用や、利尿作用など役立つ効果がある一方で、悪影響もあります。

妊娠中色々調べたので、赤ちゃんと妊婦さん本人にわけて、まとめてみました。

多量摂取が危険なのであって、少量であれば大丈夫、との見解がほとんどでした。ズラズラ並んだ悪影響を見るとゾッとしますが、神経質にならなくても大丈夫です。私自身も許容範囲でたまに飲んでいましたが大丈夫でした。どのくらいなら飲んでも大丈夫かは、後で解説しますね。

赤ちゃんへの悪影響

カフェインを摂取すると、血管が収縮します。このことが、お腹の張り、赤ちゃんへ栄養、酸素を十分に届けられない、という状況を引き起こします。結果として↓以下

□出生時が低体重となる、将来の健康リスク

英国食品基準庁(FSA)では、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとしています。

□流産、早産の可能性

があります。

また、赤ちゃんはまだ肝機能が十分に発達していないので、お母さんから送られてきたカフェインをなかなか排出することができません。このことも、

□低体重児、発達障害

の可能性を高めます。

妊婦への悪影響

妊婦さんへの影響≒赤ちゃんへの影響でもあるのですが、間接的なものをこちらにまとめます。

□鉄分不足(貧血、頭痛)

カフェイン及び、タンニン(カテキン)は鉄分の吸収を阻害します。妊娠中は特に鉄分が必要になるので(平時より30%も血液量が増えるそうですよ!)、貧血や頭痛などの不快な症状が現れやすくなります。

□カルシウムを尿と一緒に排出する(?)

カフェインはカルシウムを尿と一緒に排出する作用があり、骨粗鬆症の人は避けたりするそうです。

コカ・○ーラのサイトなどでは、この、カフェインがカルシウムを排出するという作用は否定されたとありましたので、大丈夫なのかもしれませんが、特に赤ちゃんにカルシウムを送りたい時期なので、やっぱりカフェインは避けたほうが無難かなぁと私は思いました。

コーラはカフェインが入ってる側ですしね…。

カフェインと妊婦さん、赤ちゃんへの影響はまだまだ解明されていないことが多く、妊娠中、私が調べられたのはこのくらいでした。

飲んでしまったら?飲んでもいい量は?

うっかり、や、知らずに緑茶、紅茶、コーヒーなどを飲んでしまったら?

多量に飲んでいなければ気にしなくて大丈夫です!

WHO(世界保健機構)はコーヒー換算でカップ3-4杯(カフェイン換算で240-320mgほど)としています。FSA(英国食品安全庁)はさらに厳しく、カフェイン換算で200mg(コーヒー2杯ほど)と摂取基準を設けています。

とのこと。

一般的な煎茶であればコーヒーよりもカフェイン含有量は少なく、100ml中カフェインは20mg(日本食品標準成分表)なので、たとえマグカップ一杯200mlをガブガブ飲んだとしても、厳しい方のFSAの基準で5杯飲んで問題なし!となります。

ただ、ガブガブ飲むこともないと思いますが、玉露、抹茶はカフェイン含有量が多いので、気をつけてください。コーヒーの基準と同じくらいだと思っておけば大丈夫です。

ちなみに余談ですが、チョコレートに含まれるカフェイン量はミルクチョコレート50g(板チョコ約一枚)中約10mgほどとのこと。こちらも気にしなくて大丈夫ですね!ハイカカオの商品になればなるほどカフェイン含有量は増えるので、お気をつけください。

緑茶の代わりに飲めるオススメは?

妊娠中我慢ばっかりでは息が詰まります。

好きなものを好きなだけ!とはいかないまでも、カフェインレスの商品を上手に使って、妊娠期間を楽しく過ごしましょう!

私は過去、香りがきつくておいしくないものにあたった経験から、ハーブティーなんとなく敬遠していました。

緑茶、紅茶、中国茶など、お茶(植物の名前でいう、カメリア・シネンシスですね)にしか興味がなかったのですが、せっかくに機会だと思って妊娠中にハーブティーに手を出してみたら、飲みやすいものも多く、驚きました。効能や香り色のバリエーションが多くて楽しみ方もいろいろ。この記事では詳しく書きませんが、妊娠したおかげで、わくわくする世界をまた一つ知ることができました。

あなたも自分だけのお気に入りカフェインレス飲料を探してみてくださいね!

私のおすすめをいくつか挙げておきます。

*カフェインは入っていなくても他の成分が要注意の、飲み過ぎ注意のハーブティーもあります(レモングラスティー、カモミールティーなど)。

○カフェインレス緑茶

緑茶が飲みたい時はこれ。普段ちゃんと葉っぱから淹れている緑茶には敵いませんが、緑茶が飲みたい!という欲は満たしてくれました。

インスタントなので、動きたくないとき、しんどいときにもお手軽で助かりました。

○カフェインレス紅茶

日東紅茶のティーバックです。アールグレイなど香りつきでないものを探していて見つけました。こちらも緑茶と同じで普段ちゃんと淹れた紅茶には敵いませんが、「紅茶飲みたい欲」は満たしてくれます。

○ルイボスティー

牛乳や蜂蜜をいれてもおいしくて、はまっていました。

抗酸化作用により血流をよくするのだとか。ただ、妊娠後期は飲み過ぎると赤ちゃんに悪影響が出る、との研究もあります。1~2杯くらいにしておきましょう。

○麦茶

ノンカフェインのど定番!何も気にせずがぶがぶ飲みたいなら、麦茶か水です。

水出し麦茶にして飲んでいました。煮出すのに比べると薄くなりますが、一晩おけば十分おいしいですよ。

おわりに

なぜ妊婦さんは緑茶を飲み過ぎてはいけないのかについて、カフェインに焦点をあてて見てきました。

オススメ商品も併せて、あなたの参考になれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/ocha/%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a7%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%af%e7%b7%91%e8%8c%b6%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%83%e3%83%80%e3%83%a1%ef%bc%9f%ef%bc%9f%e3%80%90%e9%a3%b2%e3%82%81/trackback/