お茶のリラックス効果をフル活用!【リラックスできる理由、効果的な飲み方について】

スポンサーリンク

ティータイムといえば。

一人でだったり、友達や家族とだったり、ほっと一息、リラックスできる時間ですよね。

でもなぜお茶がリラックスに効果的なのでしょうか?

この記事を読んでくださっているあなたはそんな疑問をお持ちではないですか?

お茶がリラックスに効果的なのは、まず、その成分に理由があります。

また、お茶の香りや空間、演出のおかげでもありますよね。

本記事ではまずお茶が科学的にリラックスに効果的な理由を解説します。

それからめんどくさがりの私の独断と偏見によるティータイム道具をご紹介したいと思います。

<a href="https://pixabay.com/ja/users/mirkostoedter-20529864/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=6568547">Mirko Stödter</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=6568547">Pixabay</a>からの画像

お茶にはなぜリラックス効果があるの?

リラックスに効果的な成分の正体はテアニン!

お茶を飲むことでリラックスできるのには、その成分に理由があります。

テアニンは、お茶に特異的に多く含まれる、いわば“希少”アミノ酸です。
ヒトを対象とした検討により、テアニンには脳波α波を増加させる、ストレスに対する自律神経系の反応を抑える、などの「リラックス効果」や睡眠改善作用、カフェインと組み合わせることによる記憶力や作業速度・正確性の向上作用、などの効果が報告されています。

https://www.taiyokagaku.com/lab/column/07/

お茶を飲んでリラックスできるのはテアニンという成分のおかげでもあるんですね!

テアニンはどんなお茶に含まれる?

テアニンはチャ=カメリア・シネンシスという植物に特異的に多く含まれるアミノ酸の一種です。チャには15種類ほどのアミノ酸が含まれているのですが、テアニンはそのアミノ酸含有量全体の内の約50%ほどを占めています。

テアニンは味の部分では、お茶の旨みに関係があります。

旨みの強いお茶、つまり玉露や抹茶などの高級なお茶にはテアニンは特に多く含まれています。

これはお茶の栽培方法に理由があります。

玉露と抹茶の栽培方法の共通点はなんでしょう?

一つ目は肥料の質と量。各農家がこだわり抜いた肥料をたっぷり与えています。

二つ目は被覆栽培をすること。よしずや稲藁、黒や銀の寒冷紗を使ってチャに太陽光が当らないように、真っ暗に覆い、その状態を収穫前の20〜30日ほどキープします。

テアニンは太陽光にあたることで、渋み成分であるカテキンに変化します。そこを逆手に取って、太陽光を当たらなくすることで、テアニンはカテキンに変化せず、チャの新芽の中で、テアニンのまま収穫されるというわけです。

また、テアニンは、アッサム種(紅茶向きの品種)よりも、中国種(緑茶、ウーロン茶向きの品種)に多く含まれます。

紅茶にもテアニンは含まれてはいますが、含有量は緑茶よりも少なくなります。

まとめると

紅茶<煎茶<高級煎茶<玉露、抹茶

となります。

テアニンを摂取できる効果的なお茶の淹れ方は?

緑茶に含まれる成分は淹れる温度によって抽出されやすさが違います。

テアニンは50度〜の低い温度でも抽出されやすいという特徴があります。

高級なお茶は低温で淹れろ!と聞いたことはありませんか?

旨み成分、テアニンがたっぷり含まれている玉露などの高級なお茶は、苦味渋みを抑え、旨みを強く引き出すために低温で淹れるのが良いのです。

また、水出しでじっくり淹れるのもオススメです。苦渋みは抑えられ、程よい旨みで美味しいですよ!お手軽なのも助かります。

↓下の記事にグラフ付きでまとめていますのでご興味のある方は読んでみたください。テアニン≒アミノ酸と思っていただければOKです↓

カテキン、カフェインの抽出量を自分で変える方法

リラックスできるティータイムを

香りのいいお茶で深呼吸

ここまでお茶に含まれる成分、テアニンを中心に、お茶のリラックス効果についてお話してきました。

でも、成分以外にもリラックスする時に大切なことってたくさんありますよね?

くつろげる空間だったり、気のおけない友達だったり…

ティータイムの楽しみ方はそれぞれだと思います。

私の場合はリラックスしたいときのティータイムでは、深呼吸できることを大切にしています。

お茶を選ぶときも、香りが強すぎず、弱すぎず、花や果実の様な良い香りのものを選びます。

フレーバーティーは苦手なのですが、お茶によって、(特に紅茶やウーロン茶が華やかでわかりやすい)すずらんの様だったり、バラの様だったり、ミルクの様だったり、マスカットの様だったり…後付けではない、お茶の本来の香りで様々なバリエーションがあります。

その香りを、

急須にお湯を注いだ瞬間の香りをゆっくりと深く吸い込んで。

茶杯にお茶を注いでしてまたゆっくり深く肺を開くように。

茶杯を鼻に近づけてす〜っと身体中に行き渡るように。

それから味わいます。程よい苦渋みと甘み、口に広がる香りで、最高ですね!

本当にいつまでも、何回でも深呼吸したくなる香りのお茶があります。そんなお茶に出会えたときはすごく嬉しいです。

あなたもお気に入りのお茶をぜひ探してみてください。

お気に入りがある方、コメントで教えていただけるとすごく嬉しいです。教えていただき次第探しに行きます(笑)

私のオススメも記事を改めてご紹介したいと思います。

楽できる茶道具

急須、湯飲みはお手持ちのものをお使いいただくとして、せっかくのティータイムは一度座ったら立ちたくない私の二大ずぼらアイテムをご紹介します。

リラックス最優先のため、~式とか、~道とか、形式は気にしません(笑)。

茶盤

中国茶を飲む方にはなじみのある道具だと思います。

お茶をおいしく飲みたいとき、まず、急須を温めますよね?台所で立ったままお茶を淹れる時はならいいですが、せっかく椅子に座ってほっとした後にいちいち立つのは面倒この上ないです。

そこで活躍するのがこの茶盤。

なんと急須を温めた後のお湯を直接茶盤に捨てられるんです。

何種類かのお茶を楽しみたいときにも大活躍!急須とすすいで、お湯は茶盤にざっと捨てれば次のお茶に移れます。

急須、湯飲み(茶杯)などのお茶セットをこの茶盤と一緒に置いておけば、ティータイムにはお湯を用意して茶盤の前に座るだけ。しばらく立つ必要はありません!

デザインもいろいろあって面白いので、ぜひ自分の好みの茶盤を探してみてくださいね。

メルカリ、ヤフオクでも中古品が出回っているので、珍しいものが欲しい方はそちらも見てみてください。

電気ケトル

温度調節できる電気ケトルは本当に便利です。

おしゃべりしながらだと、2煎目、3煎目の時はお湯が冷めてしまっているので、沸かしなおさないといけないのですが、電気ケトルだとボタン一つで沸かしなおせる!すごく楽です。

お茶もコーヒーも好きだよ、という方は、上の写真のケトルがオススメです。私も口の細い、コーヒーにも使いやすいケトルがお気に入りです。

その他、いつものピクニックにお茶はいかが?

その他、気分に合わせて、音楽をかけてみたり、お香を焚いてみたり・・・お茶の楽しみ方は無限大ですね!

気分を変えたいときには、「外でお茶」もオススメです。

中国茶用の携帯用お茶セットが売っています。小ぶりな急須と茶杯のセットで、見ているだけでかわいいです。

中国茶でなくても、緑茶、紅茶にも、もちろん使えます。

お湯を保温性のある水筒に入れていけば、あとはいつものお茶をいつも通り淹れるだけ。

ちょっとしたお散歩もピクニックも、ぐっと特別になります。

キャンプ場で飲んだ緑茶はいつもと同じなのに5割増しでおいしく感じました(笑)。オススメです。

おわりに

今回の記事では、お茶を飲むとリラックスできる理由と、効果的な淹れ方、オススメの飲み方、めんどくさがりの私オススメの道具などについてみてきました。

あれもこれもご紹介したいと思っていたら、結構盛りだくさんになってしまいました(汗)

オススメのお茶など、今回ご紹介できなかった分については記事を改めたいと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/ocha/%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%82%92%e3%83%95%e3%83%ab%e6%b4%bb%e7%94%a8%ef%bc%81%e3%80%90%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9/trackback/