ミャンマーの美しい竹製品【ミャンマー16】

スポンサーリンク
竹かごの数々



アジアはどこに行っても竹製品と出会う。

私が旅した中では、ミャンマー北部の竹製品が種類も美しさも一番だった。今はもう日本では手に入らないか、高値になってしまうようなものが無造作に積んである。

シポでは、かごから家まで、何でも竹で作られていた。家を建てるための足場まで竹、という徹底ぶり。

道においてある竹製品
大小のかごが無造作に置いてある。
店の入り口にぶら下げてある竹かご
かとおもえば吊り下げてあることも。
竹の足場
足場は竹で組まれている。
竹の足場
ビルを建てる時も足場は竹!崩れないかちょっと心配。
竹の家
竹を編んで建てた家。かわいい。
竹製の椅子
竹製の椅子。軽くしなるため、座り心地も◎。
竹製の椅子
ソファーサイズ
竹製の椅子
竹製のかご
竹ざる。今日本でホームセンターに行っても、なかなかこれだけしっかりしたものは見つからない。
竹皮の帽子。
手前が竹の皮を張った帽子。雨をはじくため、傘代わりになる。
竹製のボール
プラスチックのボールと並んだ竹製のボール。絶対竹製の方がかっこいい。

こんなに丸くも加工できるんだ・・・!



丈夫で、便利で、美しく、最後は自然に帰る。

今、日本の農村部では刈っても刈っても生えてくるといって、すっかり邪魔者扱いの竹が、その再生力も含めてどれだけ大切な資材であったのか。どれだけ生活に溶け込んでいたのか、舌を巻く思いだった。
プラスチックなんて、なければないで、良かったんだな。

家具用の竹、かご用の竹、調理用の竹・・・とそれぞれ竹の品種が異なるそうだ。 それぞれ、丈夫さや、しなり具合、内側に薄皮があるかないかなど、性質が異なる。

ガイドさんによると、ミャンマー国内に94種(!)もあるらしい。使いこなしている職人さん、凄い・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/myanmar/myanmar-16/trackback/