ヤンゴン到着!心の旅開始【メディテーション@ミャンマー1】

スポンサーリンク

2018年11月27日

今日は移動日。
タイからお隣の国、ミャンマーにやってきた。隣の国なのに景色が違う。ミャンマーの方が何もない感じ。東南アジアはどこでもそうなのかもしれないけれど、ミャンマーもごみのポイ捨てがひどい。歩いていると、においが漂ってくるし、空気がよどんでいる感じがする。


空港のエントランスにはタクシードライバーが待ち構えていた。民族衣装のスカート履いた団体が喋りながら旅行者を物色して、チラチラ周りを見てるから目立つ。もちろん私も声をかけられた。

一応片っ端から値段を聞いてみると15000キャット(9ドルくらい。事前情報によるとこれが最高値。)から20ドルだよ、破格だよ!なんて言ってくるやつまで、次から次によってくる。

値段交渉って両方が気持ちいい値段を探るものであって、私だけ得するのも損するのも気分が悪い。東南アジアにおいて、旅行者なんか間違いなく金持ちなんだから現地人価格より少し高いのは別に構わないかな、と思っている。

片道一時間、9ドルは最悪出そうと思っていたのに、20ドル!ぼったくられるのはもちろん嫌だ。 ちょっと腹が立ったので、7ドルくらいに値切った。

さて、今回やってきたのは2006年までミャンマーの首都であったヤンゴンだ。目的はメディテーション。滞在先は寺院になる。

海外を旅行していると宗教について聞かれるシーンがある。友達なら素直に無宗教だと答えるけど、そうもいかないときは一応仏教徒だと答える。それが、一応の信仰ってなんなんだ、と嘘をついている感じがして、嫌だった。かといって、日本で宗教を学ぼうと思うとお金がかかるばかり。髪の毛はあるし、結婚してるし、肉は食べるしで、僧侶と普通の人との違いがいまいちよくわからない。というわけで、仏教についてちょっとだけ深く学ぶためにミャンマーにやってきた。 あとは瞑想に興味があったのもある。

心を見つめるディープなミャンマー旅をお楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/myanmar/myanmar-1/trackback/