モンゴル最終日【ファームステイ@モンゴル26】

スポンサーリンク

2018年10月28日

4000~6000万年前、ゴビ砂漠には魚が泳いでいた。



モンゴル最終日。

夜行バスに乗って、朝6時30分にウランバートルに到着した。

日中はいつも渋滞がひどいウランバートルだけど、朝はずいぶんましだ。
流しのタクシーを捕まえてホテルへ向かう。 値段を吹っ掛けられることなく、朝から値段交渉せずに済んだ。


明日からは、常夏のタイだ。ヒートテックからジャケットから、すべてホテル近くのランドリーに持っていく。午後16時過ぎにとりに来て、とのこと。


それから久しぶりのお湯のシャワー!石鹸付き!!

シャワーがこんなに幸せだったことはかつてない。


きれいにパッキングを済ませて、モンゴルを出発する。

モンゴルの遊牧民たちの暮らしは、良くも悪くも私の「常識」を打ち壊してくれた。
いろんな見方をできるようになればなるほど、肩の力を抜いて、自然体でいられるようになっていく気がする。



使い古された言葉だが、「常識」なんてものはない。
どんな突飛な考えも、行動も、非人道的な行いだって、つまるところ「人」の枠内であることに違いはない。それが「社会」の枠内にも当てはまるように、各社会が定めたものが「常識」なんだろう。

「常識」は、日本とモンゴルで違うわけだが、根本のところの本質は変わらない。
大切なのは「思いやること」だ。人を、文化を、家畜を、神(自然)を。
そうすれば自然体でいても、道を外れずいられるだろう。



また馬に乗って、今度は青い草原を駆けたい。
そのときは、スリッパ履いてきて、ブーツ買って帰ろ。

飛行機からみたモンゴル
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/mongolia/mongolia-26/trackback/