世界遺産カラコルム遺跡周辺【ファームステイ@モンゴル13】

スポンサーリンク

2018年10月17日

カラコルム

ツアー最終日はカラコルム(現在はKharkhorin:ハラホリンという地名に代わっている)へ。

まずはカラコルム博物館へ立ち寄った。日本からの資金援助で建てられた博物館らしい。日本って色々いいこともしているんだな。私が何かしたわけじゃないけれど、少し誇らしい。

カラコルム博物館



この場所はあの、モンゴル大帝国最盛期に首都があった場所だそうだ。

博物館の近くにはモザイクタイルで当時の勢力図を現した、オボー(説明は写真の下)を囲む壁があり、当時の隆盛がうかがえる。ユーラシア大陸はほどんどモンゴルだったんだ・・・。

オボ―と呼ばれる、モンゴル土着の信仰の目印みたいなもの。オボーの周りで祈りを捧げることもあるが、もっと実用的に道しるべとして使われていたりする。
青いところが現在のモンゴルで、金色の所がモンゴル帝国の勢力範囲。見づらいので地図を引用しておきます↓
引用元: https://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_chirekikouminn/sekaishichizu/mongoria/mongoria_0.html

河の近くで交通の便が良く、人種、宗教が入り乱れるかなり発達した国際都市だったらしい。

今の町からは当時の様子はわからない。静かなものだ。

カラコルム
カラコルムの町

エルデネ・ゾー寺院

108の仏塔が並ぶ、由緒ある寺院。モンゴルのチベット仏教最初の寺院。

ゲルと仏塔
ゲルと仏塔
寺院
寺院
赤い壁の寺院
赤い壁の寺院
くしゃくしゃな狛犬
狛犬(?)が病んでる・・・。なんでそんなにくしゃくしゃなの・・・?


Shankh Monastery

続いてShankh Monasteryへ。

カラコルムから25km南に位置する、モンゴルで最も古い寺院の一つだ。

寺
仏塔
白地に金の仏塔
建物
狛犬がブサかわいい。つぶれたカバみたい。屋根の上にいる神獣みたいなのは鹿かな?
寺院の扉
中国っぽい絵が描かれている
ペニスストーン
ペニスストーン。古くは若い僧の欲望を抑えるために、女性の下半身の形をした山に安置したものだと看板に書いてあった。あとは子宝に恵まれるよう祈願に訪れる人も多くいたんだとか。

ホルホグ

晩御飯はモンゴル伝統料理ホルホグ。

焼けた石の上に、野菜、羊肉を敷き詰め、蒸し焼きにする。
香辛料を使うこともあるらしいが、今回は塩味のみのシンプルな味付けだった。新鮮な肉だからか、塩で十分。臭みもなく、おいしかった。

骨だけ残して、肉をきれいに食べるとモンゴル人にとても喜ばれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/mongolia/mongolia-13/trackback/