仏教寺院とモンゴルの宗教、歴史聞き語り【ファームステイ@モンゴル12】

スポンサーリンク

2018年10月13日

白い壁の建物
青い空に白い壁が良く映える
破壊されたままの壁
破壊されたままの壁
仏教寺院の建造物
仏教寺院の建造物
文字の記された旗
文字の記された旗。 オン・マ・ニ・ペ・メ・フムだと思う・・・。



途中で仏教寺院に立ち寄り、ガイドさんに話を聞いた。

モンゴルはチベット仏教、シャーマニズムを信仰している人が多い。イスラム教、キリスト教は少数派。

社会主義時代には仏教は迫害され、約三分の一の僧侶が殺害された。
悲惨な話だが、この大量虐殺にはいい面もあった。

当時僧侶はほぼ物乞い同然。女性、子供に養われて全く働かなかった。それでも周囲の仏教徒がすべて用立ててくれるから、貧しい人々に比べて豊かな暮らしをしていた。

そうなると当然、僧侶になる資格のある若い男性はみんな僧侶になる。それが進むと経済が発展しない。

僧侶が迫害され、寺が壊され、結果としてモンゴルの経済発展につながった、という面もあるらしい。ガイドさん個人の意見かもしれないが・・・。

どこの国でも白と黒だけでは語れない、歴史というものは複雑だ。


昨今は鉱物(金銀銅)の採掘が盛んらしい。

でも、すべて外資系。

「モンゴルには採掘の技術がないから」

とガイドさんは肩をすくめる。

政府は海外の会社を誘致して、税金を安くする代わりに賄賂をポケットへ。一昔前の首相はそのお金でアメリカに7つも豪邸を建てたらしい。最低・・・。

「モンゴルに鉱物資源があるとわかった時は、みんな大喜びしたんだ。うちもうちもって、こぞって採掘してもらおうとした。それが蓋を開けてみれば、いいことなんて一つもない。外国から巨大な機械と労働者をつれてやってきて、土地を荒らすだけ荒らしたら、技術もお金も俺たち国民には渡さず、さよならさ。今ではみんな、自分の土地で鉱物が見つからないように祈っているよ。」



人間が働けば働くほど、破壊されていくものがある。

採掘による自然破壊のみならず、遊牧民の生活もあと10年ほどすれば、近代化の波に襲われてできなくなるだろう、とのことだ。

物質的な豊かさを求めることに、ダメとはいえない。

でも、分厚い壁の中に美しい調度品をあつらえた立派な家の代わりに、生活のすべてに手が届く彼らの生活では、心を病むことはきっと少ない。

バランスのとれた道があればいいのになぁ。



寺院の跡はラクダに乗った。フランス人カップルは始終イチャイチャしていて、最初はいたたまれなかった私も慣れてスルースキルが上がってきた。

どぶの匂いの息を吐くラクダの背は、ふかふかしていて暖かかった。

黄昏ラクダ
黄昏ラクダ。息が臭い。毛はもふもふ。
ラクダに乗ったフランス人
ラクダに乗ったフランス人。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/mongolia/mongolia-12/trackback/