アッサム、お茶巡り【ファームステイ@インド3】

スポンサーリンク

ダージリンから夜行列車でアッサムへ!

寝台列車
寝台列車内部。人ひとりが寝転べるだけのサイズ。身長の高い人は足を曲げていた。
体が小さくてよかった・・・!

以前ミャンマーで知り合った人から連絡があり、急遽アッサムに行くことになった。現在お茶農家さんの所に滞在しているらしい。

アッサムの駅に着くと、滞在先の農家さんと一緒に車で迎えにきてくれていた。さっそくアッサムのお茶農家巡りに出発!

夕日のお茶畑
アッサム到着!夕日に染まる茶畑が美しい。
竹筒茶
珍しい竹筒茶。スモーキーな独特の香りがする。
お茶畑付近の風景
平地一面に茶畑があるところもあれば、森の中にあることもある。
アッサムの手作りお菓子
ビフというお祭りの期間中で、行くところ行くところで食べ物をふるまってくれる。
すべて手作り。お腹破裂しそう!
お茶の試飲会
手前のロール状のものは、米粉のお菓子。ほんのり甘くておいしい。
古い茶工場
田んぼの真ん中にポツンと建った古い茶工場。大きな鍋や乾燥機が置かれている。
最新のCTC工場
アッサムで一、二を争うCTC(紅茶の製法の一つ)工場。
先ほどの古い茶工場との面構えの違いが面白い。
茶の試飲会
もちろん飲み比べも。私が日本で作った緑茶も混ぜて全員で飲んでみる。アッサムのお茶と言えば、日本ではミルクティー用の苦みの強いものが多いけど、ここで飲ませてもらったものは香りが強く、飲み口もすっきり。緑茶の評判も良くて楽しい試飲会になった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/india/india-3/trackback/