ダージリンのお茶畑【ファームステイ@インド2】

スポンサーリンク

2019年1月10,11日

紅茶と言えばここ!
ダージリンにやってきた。

今回訪れたお茶園、ハッピーバレー茶園とキャッスルトン茶園を紹介する。

ハッピーバレー茶園。ダージリンの中心部にある、アクセスしやすいお茶園。徒歩で行ける。
傾斜地に茶が植わっている。
ハッピーバレー茶園の茶樹。
ガスボンベ二つを担いで上がっている人を発見。力持ち・・・!!
100ルピー(約155円)で工場内の見学ができる。
写真は古い揉捻機。ミャンマーで見たものと同じだ。穴に茶葉を入れ、手動で回転させる。
最後にはハッピーバレー茶園で作られたお茶の試飲ができる。気に入ったものがあれば、購入もできる。
東南アジア共通のゴミ問題はここでも。どぶくさい匂いもする。
一人のお茶好きとして、憧れの地・ダージリンだっただけに、このゴミの山はショックだった。
キャッスルトン茶園。中心部からはバスで行く。
1月はシーズンオフなため、見学ツアーは行っていない。
キャッスルトン茶園入り口。
見学ツアーはやっていないけど、見学していっていいよ、と言ってもらえた。撮影禁止だったので、写真はないけれど、清潔な工場だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:https://farmer-gw.com/india/india-2/trackback/